グラウンドホッグディ

2015-02-02

あまり聞き慣れない言葉の「グラウンドホッグ」。別名ウッドチャックと呼ばれるマーモット属に分類される動物です。

この動物の名前を冠した日がアメリカにはあり、それが二月二日なんです。

なんの日かと言いますと、北米で、この日にグラウンドホッグが自分の住み処から出てきて、「自分の影を見て驚き、冬眠していた巣穴に戻れば、冬は最低でもあと6週間は続く。」と言われ、影を見なければ、「春は間近に来ている。」と言われています。

実際に正装した大人達が、このグラウンドホッグを使って大々的な式典を行うところもあります。

写真は本校に来た小動物の足跡。この動物も今週末に降った雪で春は遠いと感じて、自分の巣穴に戻っていったのでしょうか。

まだまだ寒い日が続きます。皆様、ご自愛下さいませ。

DVC00488.JPG

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...